ドラゴンフラッグ

ドラゴンフラッグも、片手腕立て伏せ、フロントレバー、バックレバーと同じく、

最初に挑戦した時からできました。

でも、2回だけ。


このブログでカテゴリ化している他のトレと比べれば難度が低いと思うので、

今まで入れていませんでした。

10回できるようになれば、撮影して入れようと思っていましたが(・・・と言いつつ、ほとんど訓練していませんでした)、

なかなか10回はできず、現在最高5回です。



腹筋は通常の加重腹筋がメインで、ごくたまに、ドラゴンフラッグに挑戦していた程度です。



このドラゴンフラッグ、私にとっては、腹筋より、上体を固定する腕の方がしんどい。

しかし、ドラゴンフラッグ5回できたその後、ストレッチしていたら、

腹筋がツりそうになりました。しかも2回も。

腹筋がツりそうになったは初めて。


やっぱ、腹筋に効いているようです。



普通のシットアップは、

腹筋が通常状態、もしくはやや収縮した状態から、

おもいっきり収縮させますが、

ドラゴンフラッグの場合、おもいっきり伸ばした状態から、

通常状態への収縮です。

この辺の違いが、どう影響するのか・・・。


一般には、思いっきり伸ばした状態から、おもいっきり収縮させるのが一番効果があるとされていますが、

一番伸ばした状態からだと怪我の危険も増えるとされています。




・・・・・・・・・・私のスペック・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・youtube内動画・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・スピンオフ・サイト「自重トレーニング革命・自重でムキムキ、自宅でバキバキ」・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・1秒で10発連打パンチ・・・・・・・・・・





続きを読む

他の私の運動系サイトの紹介

今回は、私の他の運動系サイト、ブログを紹介します。


貫手ーNUKITE-HP
貫手に関する一般的情報サイト
最近、更新していないので、もうすぐ更新再開します。



貫手ブログ
私自身の貫手鍛錬記録と格闘技武術武道に関するブログ。
他の格闘技サイト、ブログの下書きブログでもあります。
私自身のスイカ割りや板割り動画など。


パンチ連打HP
連打に関するサイト
一般的パンチ連打情報?と、
私自身も、「1秒で10発」以上打てますので、その情報など。


世界最強の格闘技は?HP
最強の格闘技は何かを考察したサイト。
実を言うと、私自身は、どの格闘技が最強でも良くて、
使う事が能力的に可能で、ルール的にも可能なら、何を使ってもええやん!
と言うスタンスなのですが、
私のような考えは、非常に稀なようで、
ほとんどの人は、既成の格闘技術体系でどの格闘技が強いかに興味があるようです。


必殺技は可能か?
最近スタートしたブログ。
まぁ、よーするに珍しい技、特殊な技、伝説の技などの考察と、
架空の技が実際に使用可能かを考察するブログ。


自重トレーニング革命
このエクサがデフォルトからスピンオフしたHP。
ですが、コンテンツの試行錯誤の途中で中断しています。


youtube内の私のページ
皆さん、チャンネル登録してね。






・・・・・・・・・・私のスペック・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・youtube内動画・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・スピンオフ・サイト「自重トレーニング革命・自重でムキムキ、自宅でバキバキ」・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・1秒で10発連打パンチ・・・・・・・・・・





関連記事

右半身全滅

右肩の痛みがなくなるのを待っていたら、

右肘も痛くなって来た。

右足つけ根、つまり右股間?は、右肩の痛みより前から痛かったし。


そして、右側の歯まで痛くなった。



どうした!俺の右半身!

左脳がどうかしたのか?



キーッ!



こうなったら、逆療法攻撃しかない! か?

サポーターでガチガチに固めて、無理やりトレーニング・・・・か?








・・・・・・・・・・私のスペック・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・youtube内動画・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・スピンオフ・サイト「自重トレーニング革命・自重でムキムキ、自宅でバキバキ」・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・1秒で10発連打パンチ・・・・・・・・・・





関連記事

右肩故障

左肩が完治したと思ったら、今度は右肩が痛い。

左肩の時より、痛みは大きい。



特に痛めた瞬間と言うのはなかったのですが、ダンベルベンチをやると痛むようになりました。

インクラやディップス、ショルダーのトレーニングではさほど痛まない。


負荷をかけて腕を身体に対して垂直方向に動かす時だけに、鋭い痛みが走る。



ここで、痛くないからと言って、インクラやディップス、ショルダーをやっていると、

更に痛くなる可能性が高いですが、


何週間もやらないでいると筋力が落ちる可能性があります。


本当は痛みを我慢しつつ、できる範囲でやっていましたが。




(肩の故障は、上半身のほとんどのトレーニングに影響がでるので、
一番嫌いです)


更に痛くなる不安より、筋力が落ちる不安の方が勝ってしまって、

今日はインクラ、ディップス、ショルダーのトレーニングを実行します。








・・・・・・・・・・私のスペック・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・youtube内動画・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・スピンオフ・サイト「自重トレーニング革命・自重でムキムキ、自宅でバキバキ」・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・1秒で10発連打パンチ・・・・・・・・・・








関連記事

マッスルアップ成功の鍵は、前腕伸筋群か?

まだ一回しかマッスルアップできないのに言うのも何ですが、

人並以上に懸垂もディップスもできるのに、マッスルアップができない人は、

前腕の伸筋群を鍛えてみてはどうでしょう。


(私は、加重30キロ(プラス自重)で懸垂し、加重40キロ(プラス自重)でディップスできましたが、って言うか、私は片手懸垂ができたのに、

マッスルアップはできませんでした)




マッスルアップで難しいのは、懸垂の最高到達点からディップスに繋げる一瞬の接続部分だけです。

まぁ、超人的な人(自分の体重に対する大胸筋、広背筋の力がずば抜けている人)は、


懸垂の勢いだけで、接続部分を突破してしまって、懸垂からいきなりディップスに繋げられる人も、

何十万人に一人ぐらいいるかもしれませんが、大抵の人は(ここで言う大抵は、全体から見れば優れている人も含まれる)、

懸垂最高到達点とディップス初期姿勢の間に、空白部分があります。


この空白部分を、つまり、懸垂の勢いがなくなりかけている時に、

前腕の手首を反らせる力で補って(手首を反らせる力をブースターにして)、

懸垂最終段階から、ディップス初期姿勢に持って行けば、マッスルアップ完成ではないでしょうか?


手首を反らせる筋肉は、「前腕伸筋群」で、リバース・リストカールなどで鍛えられます。

私はマッスルアップ成功直前に、今まで数年間伸びなかった前腕の筋力が伸びました。

このブログでは、リストカールが伸びた事しか書きませんでしたが、

リバース・リスト・カールも伸びていたのです。



あ、それに、コツとして、鉄棒は、懸垂時から深く握って、持ち替えなくても済む状態にしておく事も重要だと思います。





・・・・・・・・・・私のスペック・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・youtube内動画・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・スピンオフ・サイト「自重トレーニング革命・自重でムキムキ、自宅でバキバキ」・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・1秒で10発連打パンチ・・・・・・・・・・










関連記事
プロフィール
ぎがへるつ111

ぎがへるつ

Author:ぎがへるつ

.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア